ウォッシュレットも楽々修理~水漏れトラブル解決メソッド~

トイレ

自力修理よりも専門業者に

応急措置で被害を止める事

トイレ

トイレに使用されている家電製品がウォシュレットであり、内部は細かなパーツが多数使用されています。このためウォシュレットの水漏れといったトラブルの対応も、素人では限界があります。そこで頼りとされているのが、水回り設備の会社や水道屋といった修理ができる業者ですが、それらの業者に依頼をする前に、水漏れ被害を食い止める事ができる工夫もあるので知っておくと良いでしょう。被害を食い止めるために出来ることがトイレの水栓を閉めてしまうことです。これで水が供給されなくなるため、これ以上の水漏れが起こる事もなくなります。注意したいのが、水栓にはトイレそのものの水栓とウォシュレット用の水栓の2つがあるので間違えないようにすることです。水栓を止めた後に自力対処が難しい場合は、水回り設備会社や水道屋を呼ぶことで、作業もより捗り、料金も不要に高くなることを防げます。

素人判断には特に注意する

毎日使用するトイレの水漏れはありがちなトラブル例です。ウォシュレットからの水漏れも当然起こり得ますが、この時に気をつけたいのが、水漏れがウォシュレットに繋がる配管のズレや腐食などを原因とするものか、それともウォシュレットそのものの故障によるものか正確に判断する必要があります。配管の方に原因がある場合は素人の修理でも可能なケースがありますが、ウォシュレットの機械の故障が原因で起きている水漏れの場合は、素人での修理は難しいので専門の修理業者を読んだほうが無難です。素人判断で修理を自力で行うと、ウォシュレットは家電製品のため漏電や火災といった事故が起こるケースも想定されます。このためウォシュレットの水漏れを見つけた場合、素人判断で自力で修理をするよりも、水まわり設備業者や水道屋を呼んだ用が安全で確実に修理できます。