ウォッシュレットも楽々修理~水漏れトラブル解決メソッド~

トイレ

トイレトラブルも解決可能

直らないつまりは業者に

トイレ

毎日使用する設備だけに、トイレつまりは直ちに困った事態へと発展します。出来るだけつまりを長引かせずにスムーズに解消するためには、一定の順序を追って効率良くつまり解消の手順を試す工夫が有効です。 もしトイレつまりに気づいたら、無理に水を流さずにラバーカップを使用してつまりが解消できないか試してみましょう。多くのトイレつまりはラバーカップを適切に使用することで解消できます。それでも駄目な場合は、次にお湯を便器内に入れてしばらく待った後に再びラバーカップを試します。お湯はトイレットペーパーを溶かすため、この手法でつまりが解消できる事もあります。 これらの手法を試してもつまりが解消できない場合は、水道工事業者といった水回り専門の業者を呼ぶのが最適です。専門業者ならばワイヤーや真空ポンプといった器具でどんなトイレ詰まりも解消してくれます。

トイレの複雑化で修理増加

昔の日本のトイレは汲み取り式が一般的でした。構造も単純であり、便槽に糞尿を溜める仕組みとなっており、水道工事屋などが呼ばれる時にも物を便槽に落とした時などでした。 しかし近年はトイレ設備も増々複雑化の一途を辿っており、水洗式の洋式トイレが多く、温水洗浄便座といったハイテク設備も一般家庭のトイレに普及しています。そのためトイレのトラブルも増えており、トイレつまりもその代表的なトラブル例であるため、今後も修理需要は増えると見られています。 現在のトイレは排管が便器の下に通っており、虫の侵入などを防ぐためにU字やM字形状となっているのが特徴です。このため途中の排管で物が詰まる事が多く、これがトイレつまりのトラブルの原因ともなっています。これらの修理対応が可能な、水道工事業者は今後も需要が生じ続けると考えられます。